サービスを利用する

不動産会社では、保有している不動産の売却を行いやすいように様々なサービスを行っています。中には無料見積もりサービスを行っている所も存在します。上手く利用してみましょう。

快適性の追求

賃貸契約を結ぶことによって、その物件に住むことが出来るようになります。最近では快適性を追求している賃貸が多く存在します。防音や防寒を完備しているため安心して住むことが出来ます。

たくさんの実績でお客様の面倒な問題を解決!不動産の買取を福岡でするなら、三和アセットパートナーズをご利用ください!

不動産の投資信託

不動産市況はまだまだのびます

資産運用に上場不動産投資信託を組み込む人は増えています。中古ワンルームマンションやオフィスビルを保有するよりも手軽に投資をすることができるということが人気となった理由の1つとなっています。今では利回りが4%前後になっており、投資商品の中でも高利回りといえます。また、投資資金が少なくても始めることができるということが投資家の裾野を広げています。最近では、上昇してきた投資口価格を分割して買いやすくする動きがしばしば見られています。また、公募を実施する銘柄も増えています。投資口価格の高い時に公募すれば、少ない投資口数で投資資金を多く集めることができます。今後も好調が予想される不動産市況を背景に公募増資はしばしば行われるものと考えられます。これを狙って先回りして投資をしておくことは1つの戦略といえます。

利回りは高くなったり低くなったりします

上場不動産投資信託の歴史が浅く、登場してまた10年くらいです。その銘柄数は40を大きく超えてきました。今後も上場が予定されており、市場としての厚みが増してくると言えます。上場不動産投資信託が登場したころは不動産市況も活況だったため、かなり高い投資口価格となっていました。利回りにして4%前後くらいが平均となっていたのです。しかし、その後、不動産市況の低迷と共に投資口価格も下がってきました。一方で家賃収入は大きく落ち込まなかったので、分配金利回りは上昇しました。中には7%を超える銘柄もいくつもありました。投資商品としてはかなり魅力的でしたが、どこまで下がるかわからない中でなかなか手を付けられない状況となっていました。

どこに不動産を売るか

不動産の売却を行う際には、何処に販売するのか明確に決めておくことが重要になります。販売する場所によって手数料の支払いが必要になることもあります。しっかり検討しましょう。

充実した生活

ペットと一緒にマンションに住みたい人はペット可で探してみましょう、最近ではペット可のマンションが増えています。他と違い充実した機能が存在しているためペットを暮らしやすい環境です。

敷金の有無

賃貸契約を結ぶ際には、敷金の支払いが必要になることがありますが、最近では敷金0の物件も存在します。初期投資を抑えることができるので、お金を掛けずに住むことができるのです。